異文化のふれあい・・・・
 去る、10月20日(月)市川グランドホテルにおいて、市川ユネスコ協会主催のASEAN青年お別れパーティーが催されました。

 ASEAN諸国の青年達は、「陪臚(ばいろ)」の曲の演奏で入場し、全員着席したところで英語による「雅楽と曲の紹介」を行い、あらためて「平調音取」「越殿楽」を演奏しました。


 

 ASEANの皆さんにも、神聖な面持ちでご鑑賞頂けたことが何よりも印象的でした。日本古来の音楽とはいえ、東南アジア諸国の各地を伝わり、日本に到来した「雅楽」なので、なにか「懐かしさ」を感じられたのではないでしょうか・・・

   
〜Column〜

 さてさて・・・このパーティでは、ASEAN各国の青年達が、それぞれの国の民族音楽や舞踊を披露してくださいました。恥ずかしがりがりもせず、堂々と自信を満ちて「自分の国」を表現している姿を見て、その「誇り」「生命力」に感銘を受けました。

 私たちが、諸外国に行ったときに、「日本の文化を紹介してください」と言われたら・・・・ちょっと考えこんでしまいます。皆さんはいかがでしょうか?

 隣りにいた私の師匠が一言・・・「嘉辰(朗詠)でも歌うか・・・・」

by のりさん