定期演奏会『悠久の響き 源氏物語の音色』を終えて・・・
 去る2月5日(土)、雅楽雅鳳会 定期演奏会を市川市文化会館で開演いたしました。

 今回の演奏会は、『源氏物語の音色』と銘打って、今までとは少し趣を変えた演奏に取り組んで参り
ました。
 
 我々の演出に、お客様達はどのような感想を持たれたのでしょうか?
 当日ご記入頂いたアンケートから少し紹介致します。

 ●照明や演出、貴族達の衣装や遊びの雰囲気が効果的に表現されていた
 ●一足早く春を運んでくれてありがとうございました
 ●衣装がとっても素敵で雅なひとときをありがとうございました
 ●あわただしい生活の中、ゆったりした調べに現実を忘れました。
 ●蘭陵王の舞や胡蝶の舞が素晴らしかったですよ
 ●日本の古典を広く世界へ、また若い方々へ広めてください

 等々、様々なご感想、ありがとうございました。

 雅鳳会の演奏会では、初めての企画物の演奏会ではございましたが、多くの方々に雅な一時を
お贈りできたのではないでしょうか。

 今後も、様々な企画で、メンバーも楽しみ、皆様方にも楽しんで頂けるような会活動を目指し、
日々精進のこころを忘れずに練習に励んでいきますので、今後ともご声援をお願い申し上げます。

                                                 雅鳳会事務局
Photo  Columns
 リハ風景
 
 受付の様子
 ↑御遊風管絃の様子
  絃と管の奏でる調べは美しい・・・
 

        →舞御覧 舞楽の様子
    「振鉾」・・・舞台を清める意味合いをもつ舞楽
 大勢の皆さまにお越し頂きまして
 誠にありがとうございました!
 「舞楽 胡蝶」
 源氏物語の巻名にもなっている曲です。
 こどもたちの可憐な舞に、場内もうっとりされて
 いました
 「舞楽 陵王」
 堀川先生(現千葉雅楽会会長)の舞です。
 力強さと優雅さが満ちていて、演奏をしている
 私たちも見とれてしまいました。
 「記念撮影」
 おかげさまで、大変好評の中、開演することが出来ました。
 ご支援頂きました皆さまに深く感謝申し上げますと共に、更に一層
 多くの皆さまに雅楽をご鑑賞頂けるよう努めてまいりますので、
 今後とも変わらぬご支援・ご鞭撻を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。
  定期演奏会『悠久の響き 源氏物語の音色』のインフォメーション